喫煙

喫煙と薄毛の関係

タバコは百害あって一利なしと言われます。喫煙をすると体内の活性酸素増加し、体をいちじるしく老化させます。肺ガンの原因になったり、心筋梗塞の関連も指摘されています。さらにタバコを吸うと含まれているニコチンの影響で、動脈が収縮し血流が悪くなるといわれています。当たり前ですが、血流が深く関係している髪の毛にも、良い影響はありません。また、血管が細くなり、体のすみずみにまで酸素を運びにくくしてしまいます。細くなった毛細血管は、頭皮のすみずみまで酸素を十分に運ぶことができず、髪の毛の毛母細胞の活躍も阻害してしまいます。さらにタバコは、吸うたびに大量のビタミンCを消費します。体だけではなく、肌や頭皮へビタミンCをたくさん送り込むことができず、髪の毛は栄養不足におちいってしまうのです。