適度な運動

薄毛と運動の関係

運動で汗をかくことで、ジヒドロテストステロンが排出されやすくなり、薄毛予防につながります。

また身体を動かすことはストレス発散にもなり、ホルモンバランスを整えます。ほかにも入眠を促進し、質の良い睡眠がとりやすくなったり、血行を促進するなど育毛につながるさまざまな効果が期待できます。

・ジヒドロテストステロンを抑制する食べ物を摂取する

・十分な睡眠時間の確保と質の良い睡眠を心がける

・適度な運動でジヒドロテストステロンを排出する

有酸素運動とは、長い時間、軽~中程度の負荷をかけて行う運動をいいます。体内に酸素を十分に取り入れながら脂肪を燃焼させることから有酸素運動と呼ばれています。

ウオーキング、ジョギング、サイクリング、水泳、水中ウオーキング、ヨガなどは有酸素運動になります。

運動して汗をかくと、AGAの発症のきっかけとなる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が排出されます。

また、水分をたくさん摂取すると尿からも「ジヒドロテストステロン(DHT)」が排出されるため、AGAに効果的と考えられています。

テストステロンは、髪のダメージとなる「リダクターゼ」という酵素の働きによって、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という別の男性ホルモンに変換されます。

そして、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が毛乳頭細胞にある「ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)」に結合することで、髪の成長を阻害しヘアサイクルが乱れてしまいます。

このことから、「テストステロン」を増加させる筋トレは、AGAにとってNGと思われがちですが、これには誤解があります。

このとき「テストステロン」が増加すると「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換される量も増えると考えられそうですが「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されるのは、「テストステロン」が増加したときではなく、減少したときといわれています。

「テストステロン」の減少をカバーするために、より活性力の強い「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換しようとするためす。このことから、筋トレにより「テストステロン」が増加することは、AGAには影響しないと考えられます。従って重い器具を挙げる無酸素運動も心配せず続けてください。体内で活性酵素を発生するほど激しい運動は毛根にダメージを与えるため注意が必要です。運動が良いと聞くと一生懸命してしまう人もいますが、適度な運動を続けることが大切です