睡眠

睡眠と薄毛の関係

十分な睡眠と質の良い睡眠はストレスを和らげ、ホルモンバランスを整えます。

必要とする睡眠時間は個人差があるものの、6時間~8時間を目安に考えるといいでしょう。睡眠時間は長ければ良いというわけではないので、自分なりに最適な睡眠時間を計るのがおすすめです。

また、就寝前の飲酒や喫煙、スマホの使用は睡眠の質を下げる原因になるので、なるべくなら避けるようにしましょう。睡眠の質を上げるため、就寝2時間前にぬるめのお湯に入浴すると、スムーズに眠りへ移行しやすくなります。

過剰な飲酒を続けていると睡眠の質は下がります。眠りが浅くなるので脳が休まらず、疲労感を引きずったまま目を覚ましてしまいます。原因は、体内のアセトアルデヒドが睡眠を阻害する活動を見せるからです。アセトアルデヒドには利尿作用があるので、睡眠中でも臓器が働き続けます。その結果、深い眠りに落ちることができず、体力も奪われ続けます。汗をかきやすくなったり、血のめぐりが悪くなったりするのもアセトアルデヒドの働きです