飲酒

飲酒と薄毛の関係

アルコールを摂取したとき、有害な成分を分解してくれる器官が肝臓です。本来であれば、アセトアルデヒドも肝臓で分解されるので薄毛への影響は抑えられます。しかし、酒量が多いとアセトアルデヒドの分解が追いつかず、一部が体内に残ってしまいます。ジヒドロテストステロンとアセトアルデヒドの関係を疑っている研究もありアセトアルデヒドが増加するとジヒドロテストステロンも増加するというデータもあるので、もしも本当ならばagaへの影響は少なくないといえるでしょう。

アセトアルデヒドを分解するときには、体内にあるさまざまな成分が集められ、消費されます。その中には、亜鉛やアミノ酸といった髪の成長を助ける成分も含まれています。亜鉛は髪の毛が伸びてくる周期を正しく保つために必要です。亜鉛が適度に摂取されていれば、髪の毛は安定したスピードで伸びていくので、薄毛が起こりにくくなります。逆に、周期が乱れると髪の毛が弱くなりやすく、抜け毛が増えるようになります。次に、アミノ酸は髪の毛を頑丈にし、抜けにくくするために不可欠な成分です。アミノ酸が足りていない弱い髪の毛は、わずかな頭皮環境の変化に耐えられず、すぐに失われる恐れが出てきます。いずれの成分も、育毛を順調に進めるためには大切な役割を果たしています。

そのほか、アセトアルデヒドの分解ではビタミンAも失われます。ビタミンAは髪を構成するタンパク質を生み出すために大切な成分です。また、健康な細胞を作って頭皮を強くするためにも欠かせません。つまり、アセトアルデヒドが大量に生まれると、髪の成長が停滞する可能性が出てきます。

アルコールの種類によっては、糖質をたくさん含んでいるものもあります。たとえば、ビールや発泡酒、日本酒、カクテルなどは糖質が高いお酒として有名です。そして、糖質も薄毛と関係がある成分なので、摂取するときには注意しましょう。糖質をたくさん摂取すると、頭皮の皮脂が多くなりがちです。皮脂は適度に分泌されるぶんには、細胞を外気や細菌から守ってくれるバリアの役割を果たします。しかし、分泌量が多くなりすぎると毛穴をふさぎ、育毛を邪魔してしまうのです。また、糖質は「マラセチア菌」を増殖させる場合があります。マラセチア菌は脂漏性皮膚炎の原因のひとつです。頭皮が炎症を起こすと健康な毛が生えにくくなります。

そして、糖質とタンパク質を加熱すると「終末糖化産物」という物質が生まれます。終末糖化産物は毛乳頭細胞の増殖を抑制する可能性があります。毛乳頭細胞は髪の毛の成長に関する司令を放つ、非常に大切な部分です。毛乳頭細胞の数が減ると、育毛にマイナスの影響を与えかねません。