仕事のストレス

ストレスは

ストレスを抱え込みやすい性格の方は、壮年性脱毛症のリスクが高まるので注意しましょう。ストレスを受けると、自律神経の交感神経が優位になり血管が収縮し毛乳頭細胞への栄養の供給が低下します。男性ホルモンが過剰になり、皮脂の分泌が活発になります。ホルモンばらの乱れによりFAGAの原因にもなります。デスクワークが多ければ有酸素運動により新陳代謝と血行をよくしましょう

喫煙

タバコは百害あって一利なしと言われます…

しかし喫煙によってAGAになりやすくなる、進行が早くなると確実に裏付けが取れたデータは今のところありません。 喫煙は血管を収縮させるから毛髪に“よくないかもしれない”程度のものです。とはいえ喫煙はさまざまな健康被害を私たちの体に与えることから、毛髪にもなんらかの影響を与える可能性を完全には否定できません。健康のことも考えると喫煙は止めておくに越したことはないでしょう。

栄養

医学的には食べ物と薄毛に直接的な関係はありません。「◯◯を食べると…

髪の毛の成長に大切だといわれているたんぱく質、亜鉛をはじめとするミネラル類、ビタミンB群をはじめとするビタミン類を意識しながら、幅広い食材を使ったメニューでバランスよく栄養を取れるようにしましょう。ファーストフードでの食事では髪の毛を作り出すのに必要な栄養素が不足しがちです。外食などの脂っこい食事だと皮脂の分泌が増えて毛穴に詰まり、頭皮環境の悪化につながります。

ホルモンの変化

男性ホルモンと女性ホルモンについて、薄…

AGAの原因はジヒドロテストステロンという男性ホルモンがアンドロゲンレセプターに結合することでおこるためAGAのなりやすさも遺伝子によって決まります。男性は女性より早い年齢で発症します。女性は男性より遅くエストロゲンが相対的に劣位になる頃に発症します。若くして薄毛となってしまっても治療薬でしっかり根本原因にアプローチしていきますので心配せず治療を始めて下さい

飲酒

アルコールを摂取したとき、有害な成分を…

 「寝酒をすると良く眠れる」というのは間違った認識で、実際は飲酒をしてから寝ると睡眠の質は低下し「夜中に目が覚めてしまう」などの弊害が生じます。  質の良い睡眠は、毛髪の成長に関わる成長ホルモンの分泌には欠かせない要素です。 過度な飲酒によって肝臓がアミノ酸とビタミン類を消費してしまうと、毛髪の方にまで栄養素が行き届かなくなってしまいます。