男性型脱毛と女性型脱毛はどう違うの?

女性型脱毛(FAGA)の大きな特徴として、頭部全体の毛が薄くなることが挙げられます。局所的に脱毛する場合は円形脱毛症や牽引性脱毛症などが考えられますが、FAGAは全体的に髪の毛のボリュームが減り、頭皮が透けて見えるようになることもあります。抜け毛が細く柔らかい場合も、FAGAが疑われます。抜け毛の本数だけではなく、抜けた髪の毛の状態もチェックしてみてください。

抜け毛が細く柔らかい場合も、FAGAが疑われます。これは髪の毛の成長サイクルが乱れ、成長しきらない細い状態のまま抜けてしまっているためと考えられます。抜け毛の本数だけではなく、抜けた髪の毛の状態もチェックしてみてください。

女性の脱毛症は「ルードヴィヒによる分類」という進行パターンをつかいます。
型は型よりも、型は型よりも脱毛範囲が広くなります。
型は頭部の正面から頭頂部の真ん中にかけて髪の毛が薄くなります。この段階ではまだFAGAに気が付きません。
型は型よりも脱毛の範囲が広くなり、地肌も目立つようになります。しかし髪のボリュームにはまだ変化があまり表れません。
型になるとAGA(男性型脱毛症)に似てきます。頭部の正面から脱毛の範囲が後退していき脱毛が鏡で正面から見ても明らかになります。
 鏡で正面から見て髪のボリュームや容貌にあまり変化がない場合も、手鏡で頭頂部の髪の毛が薄くなっていないかときどきチェックしてみるとよいです。

 この段階ではより治療費を抑えることができます

FAGAは女性ホルモンの乱れや低下などが関係していて、肌など容姿全体に衰えや加齢の印象を与えてしまうことが多くなります。生活習慣も女性ホルモンの乱れに関係します。

男性に起こるAGAは、女性のFAGAよりも発症時期が早い傾向にあり、思春期以降の比較的早い時期に発症することが多いです。FAGAは生活習慣や女性ホルモンの乱れなどが関係しているため個人差がありますが、成人以降に多く発症します。

治療には、FAGAの原因であるDHTを直接抑制するもの、髪の毛や頭皮に必要な栄養を補うものなど、目的によってさまざまな治療があります。AGAの治療でもDHTを直接抑制する方法がありますが、男性で使用するものと同じものは使えないので、独断で家族と同じ使用薬を使うことなく専門のAGAクリニックで処方してもらいましょう。

また、治療を受けた後も、自力で髪の毛を作り出せるようにするためには、髪の毛の成長に大切だといわれているたんぱく質、亜鉛をはじめとするミネラル類、ビタミンB群をはじめとするビタミン類を意識しながら、幅広い食材を使ったメニューでバランスよく栄養を取れるようにしましょう。ファーストフードでの食事では髪の毛を作り出すのに必要な栄養素が不足しがちです。外食などの脂っこい食事だと皮脂の分泌が増えて毛穴に詰まり、頭皮環境の悪化につながります。

FAGAを防ぐためには、女性ホルモンであるエストロゲンと体内で同じ作用をするエストロゲン様物質を体外から摂取するとよいでしょう。その性質のあるものとして大豆食品がおすすめです。豆腐、豆乳、納豆など大豆食事を多く取り入れましょう。糖質量、脂肪量も自然と減らすことに繋がり髪のみでなく体や肌にも好影響を与えておすすめです。また、毛髪はケラチンと呼ばれるたんぱく質が主原料となっています。大豆を含めた植物性たんぱく質や肉や魚介類に含まれる動物性たんぱく質が不足しないようにしましょう。ケラチンの合成には、亜鉛を欠かすことができません。牡蠣、ごま、アーモンドなどに含まれているので、たんぱく質と合わせて亜鉛を摂取するようにするとよいでしょう。

成長ホルモンは髪の毛の成長に欠かせません。睡眠時に分泌されますが最も分泌が盛んになるといわれているのは入眠から3時間ほどです。午後10時から午前2時の間が最も多く分泌されるといいます。夜型生活から朝型生活のサイクルの方が髪の毛には良い効果をもたらします。次に睡眠の質を上げることを考えていきましょう。

有効成分の発揮のためには、体全体の血行状態を良くしておきましょう。ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。運動不足は新陳代謝の低下や血行不良を招いて抜け毛の原因となってしまいます。デスクワークが多いなど椅子に座っている時間が長かったり歩く時間が短いとおもわれたなら、1日のウオーキング距離を伸ばしましょう。

喫煙は血管を収縮させ、血行不良を招く原因となります。肩こりや首こりも、頭部の血行を阻害して、毛周期の乱れ髪の毛の成長を妨げる元になってしまいます。
食べ物から摂取された栄養素は血液を通して、毛乳頭から毛母細胞に運ばれていきます。そのため、頭皮の血流を悪くしないことも大切です。意外な原因としては、頭部の血流を阻害する肩こりや首こりも、毛髪の成長を妨げて、毛周期の乱して毛髪の成長を妨げる原因となってしまいます。

過度の飲酒はアセトアルデヒドが分解しきれずに体内に回ってしまいFAGAの大きな原因であるDHTを増加させてしまうため、適量にとどめましょう。お酒をたくさん摂取しすぎると、身体にとって有害なアセトアルデヒドが分解しきれずに体内に回ってしまいます。FAGAの大きな原因であるDHTを増加させてしまうため、過度な飲酒は避けましょう。

 

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
月を選択してください