髪の毛全体のボリュームが減って実年齢より老けて見られる

髪の毛全体のボリュームが減って実年齢より老けて見られる

近年、中高年の抜け毛だけではなく、10代、20代、30代といった若い世代で薄毛に悩む人が増えています。薄毛は中高年の悩みといった固定観念があるため1人で悩む若い世代も増えていると思われます。中高年になってからの薄毛なら老化現象の1つとして受け入れている方もいますが、2030代の若者となると悩みはより深刻です。

 若い世代の薄毛が増えている原因としましては栄養不足や睡眠不足といった不摂生な生活習慣や、過度なストレスなども関係しているといわれています。薄毛は放っておくと気づかぬうちに進行してしまうものなので、少しでも薄毛が気になったときには、できるだけ早めにAGA専門クリニックの医師に相談しましょう。

髪がボリュームダウンすると、以下のような印象に見られてしまうことが多い。

老けた印象、さみしい印象に見えてしまう

べたついている場合、不潔に見えてしまう

思ったようなヘアセットができない

髪の毛がボリュームダウンする原因として、以下の例が挙げられる。

髪形、ヘアセットの仕方

髪を引っ張るようなヘアスタイルは、髪や頭皮に負担がかかり、抜け毛が起こりやすくなる。強く引っ張る髪形を続けていると、髪の毛の栄養を受け取る毛乳頭が浅くなってしまうので要注意。定期的に分け目を変えたり、結ぶときはゆるめにしたりする対策をすると良い

頭皮のべたつき

皮脂が過剰に分泌されると、髪表面がべたついて束のようになり、全体的にペタンとボリュームダウンした印象になる。皮脂の過剰分泌が起こるのはストレス、ホルモンバランスの乱れ、洗いすぎ、シャンプーが合っていないことも原因になる。例えば、頭皮のベタつきが気になる人は、普段使っているシャンプーより洗浄力が高いものに替えると改善されることが多い。ただし、洗いすぎが原因でベタつきを感じている場合は、洗浄力が高いシャンプーを使うと、乾燥からベタつきが悪化する可能性も。洗浄力が高いシャンプーを使い続けると、乾燥につながりやすいので、ベタつかないタイプの頭皮用化粧水で、洗髪後に潤いを与えるのがおすすめ。

髪や頭皮への外的ダメージ

紫外線やパーマ・カラー、合わないヘアケアアイテムなどの外的ダメージもボリュームダウンの要因。頭皮は顔と比べて3倍の紫外線を受けているとされるため、帽子や日傘などの対策が必要になる。白髪染めなどは普通のカラー剤よりも負担になりやすい場合もあり、髪や頭皮の負担になるケースも。

加齢

年齢を重ねると髪のハリ・コシが失われるため、ボリュームダウンした印象に見える。

簡単に髪の毛のボリュームをアップさせる方法

ドライヤーの使い方

髪を洗ってから乾かさずにしばらく放置すると、体温によって根元が乾燥してしまう。そのため、清潔なタオルで拭いた後は早めにドライヤーで乾かすとよい。根本が乾いてしまった場合は、ドライヤーで乾かす前に頭皮を少し湿らせてから乾かそう。

コンディショナーやリンスを変える

重い仕上がりになりやすい潤い重視のコンディショナーやリンスは避けておきましょう。ふんわりし仕上げるような商品を使うとかなりボリューム感が変わります。

根本的に薄毛を解決してボリュームアップする方法

男性で頭頂部や生え際が薄くなってきている方、女性で分け目から頭皮が透けて薄くなってきている方。放っておくとどんどん薄毛は進行してしまいます。それだけでなく治療の開始が遅くなればなるほど効果も出にくくなることが明らかです。しっかりと治療を始める事が1番の解決策です。根本的に薄毛の治療を行うことが大切です。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
月を選択してください