薄毛の家系で将来ハゲるかも・・・将来が不安

AGAと遺伝の関係を見てみます。

リダクターゼという酵素が活性化しやすいほど悪玉ホルモンDHCを生成しやすいといわれています。リダクターゼがどれだけ活性化しやすいかという遺伝子情報は、親から子へ引き継がれます。
リダクターゼの活性度は優性遺伝によって伝わります。優勢遺伝とは父または母の一方が薄毛の遺伝子を持っているだけで子に遺伝する遺伝の仕方です。つまり父、もしくは母方の家族が薄毛の場合、子も薄毛の体質を受け継ぎます。
  悪玉ホルモンDHCとレセプター(受容体)がくっつくと脱毛因子TGF-βが増加します。薄毛が進行するのは、このTGF-βが毛乳頭細胞に脱毛の命令を出すことが原因です。
悪玉ホルモンDHCとレセプター(受容体)のくっつき易さは、母親から子に遺伝することがわかっています。

具体的には、母方の祖父が薄毛の場合AGAを発症する確率が高いといえます

リダクターゼへのアプローチで薄毛の進行を止めることは可能です。

20代、30代で薄毛を感じたら、迷わず相談することをおすすめします

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
月を選択してください