AGA・薄毛対策のためのシャンプーの選び方

育毛シャンプーの目的は、髪が健やかに成長できる状態に頭皮環境を整えることです。

髪を生やす発毛効果はありませんが、頭皮環境の悪化による抜け毛の予防には有効なのです。育毛シャンプーは、医薬部外品または化粧品に分類されます。より高い効果を期待するなら医薬部外品を選びましょう。

シャンプーの洗浄成分は大きく分けて2つあります。1つは動物性や植物性の油脂から作られた界面活性剤(高級アルコール系シャンプーで使用)。もう1つがアミノ酸系の界面活性剤(アミノ酸系シャンプーで使用)です。このうち、動物性や植物性の油脂から作られた界面活性剤の洗浄力はとても強力です。安くて泡立ちがいいので人気がありますが、皮脂を必要以上に根こそぎ洗い落してしまい皮膚が本来もつバリア昨日を低下させ、薄毛や抜毛の原因になります。薄毛対策を本気で考えるなら、高級アルコール系シャンプーの使用は極力避けるべきでしょう。アミノ酸使用のものを選びましょう。やはり、頭皮へダメージを与えないという観点でみると、天然素材のアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。そもそも、髪の素となるタンパク質はアミノ酸で構成されていますし、アミノ酸は髪や頭皮に優しい成分のため安心して使用でき、薄毛対策にも適しています。中でも、乾燥肌や敏感肌、アトピーが気になるという方は、アミノ酸系のシャンプーを使うべきです。簡単に洗浄成分を見分ける方法は、「シャンプーが透き通っているか、いないか」です。アミノ酸使用のシャンプーは透き通ったものが多く、合成の界面活性剤使用のシャンプーは濁ったものが目立ちます。

一般的なシャンプーの多くにはシリコンが配合されています。シリコンは水分の蒸発を防ぐ保湿コーティング剤です。髪がきしんで指通りが悪い、ごわつく、などの時は、シリコン配合のシャンプーを使うことで、滑らかな仕上がりにすることができます。しかし、一方で、育毛治療で使用する育毛剤などの浸透を阻害します。育毛治療を併用するような場合は、ノンシリコンシャンプーを選びましょう。実は要注意が必要です。シリコンは髪をコーティングする成分なのでないほうがいいのですが、「ノンシリコン」を強調する一方で悪い成分を使うシャンプーがかなりあるからです。シリコンよりも、髪や頭皮に悪影響を及ぼす洗浄成分のほうをしっかりとチェックしてください。合成の界面活性剤でしたら、避けるべきです。

ホホバオイル

植物から抽出した天然オイルで、人間の皮脂成分と近い成分で構成されているのが特徴です。 毛穴の詰まりや汚れを浮かせて洗い流す効果のほか、栄養補給や保湿などの効果にも期待できます。

ホホバオイルとは、砂漠の過酷な環境に生息するホホバの木の種子からとったオイルのことです。ホホバオイルは天然トコフェロール、アミノ酸、ミネラル、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなど、皮膚の角質化や乾燥を防ぎ、細胞の活性化や血流・髪の再生を促進する働きをもった成分を豊富に含んだオイルですが、このオイルは人間の皮脂と構成がとてもよく似ています。

ホホバオイルは人間の皮脂と構成が似ていることから、頭皮の毛穴にすばやく浸透し、古い皮脂を取り除くことができ、過剰な皮脂の分泌を正常に戻すというはたらきをします。また、殺菌作用もあるので、フケや痒みなど、溜まってしまった汚れによって引き起こされた問題も緩和することができます。

グリチルリチン酸

天草エキスのことで、抗アレルギー作用や鎮痛作用のある成分です。 雑菌の繁殖によって頭皮に吹き出物やフケなどが発生するのを防ぎ、頭皮のトラブルを予防・改善する作用に期待できます。

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2k)は甘草という植物から抽出される成分です。すぐれた抗炎症作用・抗アレルギー作用があり、頭皮の炎症を防ぎ、育毛環境を整えます。皮脂によって増殖された菌や、乾燥などによって掻きむしることによって悪化する炎症に対しても効果があり、菌の増殖を防ぐとともにフケや痒みを改善します。

ノコギリヤシエキス

ノコギリヤシエキスは、サプリメントなどでも薄毛・抜け毛対策用の成分として使用されています。AGAを引き起こすきっかけとなる「5aリダクターゼ」という酵素の働きを抑制するといわれている成分です。

ノコギリヤシはアメリカ東部に生息するヤシ科の植物です。ノコギリヤシは古くから薬草として知られている植物です。特に、果実は良質の脂肪酸を多く含んでいることから広く活用されています。とりわけヨーロッパでは、さまざまな予防薬の原料として一般的です。

前立腺肥大症の改善効果が認められており、長らく予防薬として使用されてきました。近年ではそのほかにもさまざまな効果が確認されています。薄毛の改善効果もそのひとつです。ノコギリヤシに含まれる「オクタコサノール」「ステロール」といった成分には、リダクターゼの生成を抑制する作用があると考えられています。これが「ノコギリヤシによる薄毛改善効果」の理由です。

センブリエキス

センブリエキスとは、日本や中国、朝鮮半島に自生しているリンドウ科センブリ属の草からアルコールなどで抽出したエキスです。皮膚温の上昇、皮膚毛細血管の増強などの作用があり、皮膚細胞の代謝改善、血行の促進や細胞分裂の活性化が確認され、近年、発毛促進効果があることが確認されました。市販の育毛剤や育毛トニックなどによく使用されている成分の一つです。

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスというのは、銀杏並木などで有名なイチョウの葉から抽出されるエキスのことです。このイチョウ葉エキスは実は西洋においては医薬品としても認められている成分です。イチョウ葉エキスが頭皮の酸化を防ぐことで悪玉コレステロールを抑制し頭皮を健康に保ってくれるのです。また抗炎症効果で炎症を早期に沈める事が出来ます。髪に与える効果は、頭皮の健康に加えてもう1つ「頭皮の血流促進作用」です。イチョウ葉エキスはサラサラと血液を流し、毛根に栄養を届け育毛につなげる事が出来るのです。

イソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノールは頭皮の常在菌にアプローチし、特に汗で増殖する菌に対して高い殺菌力を持っています。そのため頭皮の汗臭対策に効果を発揮します。

アデノシン

アデノシンとは、核酸(DNARNA)を構成するヌクレオシド(塩基と糖の化合物)の一種です。研究が進められた結果、アデノシンは、育毛効果が期待できる成分だということが明らかになりました。アデノシンの育毛効果として3つの機序が考えられます。

①成長因子「FGF-7」を活性化させる

②血行促進作用

③脱毛予防作用

です。

タンパク質の一つである「FGF-7」は成長因子とも呼ばれていて、髪の毛を生み出す毛母細胞を活性化させる効果があると考えられています。アデノシンには、このFGF-7を増やす働きがあります。また、アデノシンはもともと体内に存在する成分であるため、比較的速やかに毛根まで届き、育毛効果を発揮すると言われています。アデノシンには、血管を拡張させる作用があるため、血行を促進させ、毛根に栄養や酸素を十分に行き渡らせる効果が期待できます。髪の毛が生えてから抜けるまでの期間を毛周期と呼びます。毛周期には、髪の毛が成長する「成長期」、成長が止まりはじめ脱毛の準備をする「退行期」、成長が完全に止まり脱毛を待つ「休止期」があります。アデノシンには、毛周期のうち「成長期」を伸ばす作用があるとされ、脱毛の予防に役立つと考えられているようです。AGAの診断マニュアルである「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」には、アデノシン外用についても記載されていますが、推奨レベルは「B(行うよう勧める)」に該当します。アデノシン外用は、男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインにおいてその有用性が認められているのです。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
月を選択してください