プロペシア 7000円

その他、国内先発品、ジェネリック品、発⽑に必要な成分をブレンドしたオリジナル発⽑薬をお取り扱い中

プロペシアは、1997年にアメリカのメルク社によって開発され、現在、世界60カ国以上の国で販売されています。日本でも2005年厚生労働省に承認され、国内で初めて発売された男性型脱毛症(AGA)治療薬です。根本的な原因を抑制することで抜け毛を防ぐことができ、薄毛の改善を促すことができる治療薬です。

プロペシアに含まれる有効成分フィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)の原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の増殖を抑える効果が期待できます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、リダクターゼとテストステロンが結びつくことで発生する物質で、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまう抜け毛の原因の1つです。プロペシアには、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成そのものを阻害する効果があるので、毎日正しく飲み続けることで抜け毛を防止することができます。

プロペシアは、臨床試験によって、初期脱毛や勃起不全、性欲減退といった男性機能の低下、肝機能障害、うつ症状など副作用の可能性があると報告されています。薬を服用し始めてすぐに現れるものもあれば、長期間服用することで現れるものもあるなど、これらの副作用は、服用する方の体質によってもさまざまです。

そのため、万が一少しでも身体に異変を感じたときには、すぐにクリニックに相談して下さい。

プロペシアの効果を発現させるには、6ヶ月以上は連続して服用を続ける必要があります。また、プロペシア服用中は献血ができないため注意が必要です。そのほか、前立腺がんの検診を受ける場合は、医師にプロペシアを服用している旨を伝えてください。前立腺がん検査で測定するPSA値が通常よりも低くなるため、プロペシアを服用していることを前提とした基準で結果を確認する必要があるからです。

さらに、プロペシアの有効成分「フィナステリド」は、妊婦が服用または薬剤に触れて有効成分を吸収してしまうと男子胎児の生殖器官に影響を及ぼす恐れがあります。妊婦の手に届かない場所におきましょう。経皮吸収される成分です。経皮吸収とは触れただけでも吸収されるという意味で、妊娠中の女性、妊娠の可能性がある女性、未成年の方が触れないように管理する必要があります。

プロペシアは20歳未満での安全性が確認されていないため、未成年には処方できません。

発毛薬

プロペシア価格
7000
ザガーロ価格
10000

初月料金

MENUCampaign